IPO&FXロックオン
IPO FX キャンペーンなど一年でどこまで資産を増やせるか
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月IPOの承認なし 年間30社との見方が浮上
今年に入って1カ月たとうとしているが、IPO承認がいまだにない。日程的に2月の上場はなくなり、空白期間が2カ月半以上続くことになる。2-3月は電子化待ちの企業がある程度存在する見通しだったが引け受け関係者によれば、具体的な社名は明かさないまでも「承認待ちの案件はあるが、延び延びになっている」との話が聞かれた。株価低迷や業績見通しが不透明なことで、関係者が最終的な決断を躊躇(ちゅうちょ)しているようだ。特にメーカー系は厳しく、業績予想が作れない状態であるという。トヨタ自動車でさえも下方修正を繰り返す状況からすれば当然、下請け企業も同様となる。IPOを目指す企業は中堅が多いため、見直しを迫られることが多いようだ。

 スタートダッシュとなる月でいきなりつまずいたことで、当初50社程度とみられていた今年のIPOは、早くも30社程度ではないかとの声が上がり始めた。今後は3月のIPOが順調に発進するかどうかで、6月の期越え案件のすう勢も決まってこようが、この場合、開示する業績予想が第1四半期も通過しない段階となるため、達成確度の観点から待ったが掛かる可能性がある。なお、財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)によれば、2年前のアンケート調査で「IPOを検討」としていた企業のうち、半数が凍結の意向を示しているという。

 また、証券会社の第3四半期業績が軒並み赤字になっていることも、足かせになっているという。IPOなど公募・売り出しは顧客にリスクを転嫁する仕組みのため、会社として損失が出ることはない。しかし、屈指の顧客基盤を誇る野村証券であっても昨年末は、公開株をさばききれずに規模縮小を余儀なくされた。売れない商品を無理やり店頭に並べ、営業部門を疲労させるよりは、ほかのことに労力を注入した方がよいというわけだ。日増しに厳しくなる経済情勢だが、セカンダリー(流通)市場は織り込み済みとみられ安値を付けることはなくなった。だがプライマリー(発行)市場はまだその段階になく、機能不全が続いている。

今年もIPOは淋しくなりそうです

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へぽちっとお願いします

2月も継続FX口座開設キャンペーン→青こちらです




みんなのFX 最大3万円キャッシュバック

みんなのFX

2009年1月31日(土)AM7:00~2009年3月1日(土)AM6:50
「みんなのFX」に口座をお持ちのお客様で、キャンペーン期間中にお取引いただき、下記のいずれかの条件に当てはまる方
キャンペーン期間中の入出金の差し引き額
  100万円以上、200万円未満:10,000円キャッシュバック
  200万円以上 :20,000円キャッシュバック
さらに新規口座開設のかたは
 ☆初回入金+取引で :5,000円プレゼント
 ☆500ロットの取引で :5,000円プレゼント

合計30,000円のキャッシュバック
※キャンペーン期間中に1回以上お取引のある方が対象となります。
口座開設はパンタ・レイ証券「みんなのFX」


エース交易 3万円キャッシュバック
<加藤夏希×エース交易>のFXオンライン取引「エースでねらえ!FX」
口座開設+初回入金20万円以上+お取引1回以上で
5,000円

入金額トータル100万円以上で5,000円10,000円
入金額トータル200万円以上で10,000円15,000円
入金額トータル300万円以上で15,000円20,000円
入金額トータル400万円以上で20,000円25,000円
入金額トータル500万円以上で25,000円30,000円



MJ
初回入金+取引で5,000円キャッシュバック
さらに500Lot以上取引で+5,000円合計10,000円キャッシュバック
2/14まで


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 IPO&FXロックオン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。